やさしい器

 
いにま陶房 器展

鈴木雄一郎さんの新作リムボウルです。

「やさしい器」について

鈴木さんご夫婦との出会いは、お二人が長野の松本クラフトフェアに出店されていた時、シンプルで美しい器の佇まいに感動し、その場でつい話しかけたのが最初でした。

私が初めて奈良・吉野のいにま陶房を訪ねたのは、それから3年後の2012年のこと。
この時、智子さんは足を引きずりながら杖をついていました。

その1年ほど前、ご主人の雄一郎さんから智子さん急病の知らせを受けました。
脳の病気に冒されて倒れてしまったということ。
しばらくは作陶はおろか、身体の回復のめどもつかない、と。

お会いした時の智子さんはリハビリ中で、未だ半身麻痺が残っているけど、ようやく少しずつ回復している、とのこと。

雄一郎さんの器が目に見えて変化し始めている。
私がそう感じたのはそれから少し経ったころでした。
2014年、雄一郎さんは「やさしい器シリーズ」を発表しました。

やさしい器は、食べ物をすくう際、外に逃げにくく作られています。
親指を縁に、器をテーブルに置いて使う時、
なるべく手を添えやすい丸みと高さになるよう工夫されています。
高台は安定感があり、安心してお使いいただけます。
少し手が不自由な方や、まだ食器を使い慣れていないお子様にも使いやすい器です。

智子さんの病をきっかけに「より使いやすい器を」と、
そんな思いで作りはじめ、幾度の試作を繰り返しなら改良されてきた、やさしい器シリーズ。
器づくりに携わる人の深い愛情と研鑽の結果がここにあります。

本日STARTです!

いにま陶房 器展

器の数もさることながら、この微妙な色のニュアンスはいにまさんならではと思うのです。
どの環境にもすんなり馴染んでくれるのに、他にあまり見たことがない不思議でやさしい色合い。

並べてみて、改めて思ったことですが、作者でご夫婦でもある鈴木雄一郎さん・智子さんの器は、それぞれテイストの異なる個人の作風が出ているけれど、一緒に並ぶと驚くほどちゃんと調和している。さすがです。

たくさん並んだ器の景色は壮観ですが、いにまさんのデザインセンスの高さが改めて伺い知れます。
ろくろや型押しなど、確かな手仕事を基盤としながら、場所を選ばない色と形。そして使い心地を徹底して考えられた機能性と電子レンジにも対応する強さ。

今年は数、バリエーション共にとても豊富です。

ぜひじかにお手にとってご覧になってください。

 皆様のお越しをお待ちしております。

27日(日)まで。

いよいよ来週から始まります。

いにま陶房 器展

2017 年8月21日~ 27日

すでにはるばる奈良からこちらに送るための器たちの梱包作業が始まっています!

向こうではまだまだ夏は続く筈ですが、こちら釧路の気候を考慮しながら、秋の食卓をイメージした器たちを拵えていただきました。

大小のスープボートやオーバルプレートなどなど。

お楽しみに!

いにま陶房さんの写真とメッセージを以下に転載させていただきます。

ゆっくり台風が過ぎ

セミの鳴き声響く川上村から遠く、

北海道での展示会。

鈴木雄一郎と鈴木智子の器が並びます。

北海道では秋を感じる8月後半、秋の食卓をイメージしながら手に取りご覧下さいませ。

いにま陶房 / 鈴木雄一郎 鈴木智子

ART EXHIBITION AT YOSHIDA HOUSE

阿寒の吉田新聞店の建物をもっと有効に使いたい、という思いから、YOSHIDA HOUSEという空間ができます。
兄である吉田勝幸が、吉田新聞店のルーツである阿寒町にある建物のシャッターをこのまま閉めたくない、との一心で動き始めたプロジェクトです。
できたてホヤホヤのYOSHIDA HOUSEのオープニングを飾るイベントは、美術の展示会です。
sendの髙比良の版画展です。
RHYTHMの出張カフェなどもありますので、お気軽にお越しください。
髙比良 哲 版画展 9月4日(月)から9月10日(日)まで。
〒085−0218 北海道釧路市阿寒町新町2丁目4の13
お問い合わせ 070 5610 6470
皆様のお越しをお待ちしております。

いにま陶房 器展

 

いにま陶房 器展

2017年8月21日〜27日

良い器の定義は人それぞれ

いにま陶房の器はとてもいい

夫婦でもある二人の作者

問題と向かい合いながら

試行錯誤を繰り返しながら

変化を経て今の形がある

空のように清々しい色がある

お礼とお知らせ

Ponte de pie!
2017 Summer in send
先週土曜日、終了いたしました。
今年もたくさんのお客様にお越し頂きました。
ポンテさんの靴下を通じて、皆様とお会いでき、嬉しい限りです。
この場を借りて、改めて御礼申し上げます。
誠にありがとうございました。
お知らせ
7月28日15:00〜予定しております
「花あそび」キャンセルがでましたので
2名様分空きがございます!
気になっていた方、是非ご参加下さい!
ご予約いただいているお客様
28日15:00よりお待ちしております。

靴下の展示会 最終日

Ponte de pie!

2017 Summer at send

靴下の展示会

本日が最終日です。

お越しいただいたお客様の多くがリピートしてくださっていることに、

ポンテさんの地力の強さを改めて実感しました。

定番でありながら、着実に変化し、前に進んでいく。

そんな地力を目の当たりにした展示会でした。

Tres (スペイン語「3」)

昨年の秋に生まれた新顔です。

3色の糸で不規則に編まれているため一足一足の表情が微妙に異なります。

一本の糸にもう一色の糸をよりながら編むという新しい製法からなる靴下。

「片足ずつ 一足ずつ まったく同じものはひとつもない!

それが とても素敵な出会いと思っています」

RED 23−25cm 1500yen+tax (色:オリーブもあり)

本日も皆様のお越しをお待ちしております。

靴下の展示会、いよいよ明日22日(土)まで。

おはようございます。

Ponte de pie!
2017 Summer at send

品切れ状態だった靴下も含めて、昨日新しく届きました。

Adelante   (スペイン語で『前方へ!』)

足にもピタッとしていながらむれないシャリ感があり、まさに夏の靴下です。

ペーパーヤーンという、竹の混ざった和紙繊維の糸を主に使用しているアンクル ソックスで、脱げにくいよう工夫して編まれています。

伸縮性に富んだ一足です。
23-25cm 1400yen+tax

 

2週目ー22日(土)まで

Ponte de pie!
2017 Summer at send

靴下の展示会、2週目です。
いつもリピートして下さっている方、初めてお越しくださった方、すでに多くのお客様にご来店いただき誠にありがとうございます。
ポンテさんの靴下の紙袋の帯には「生まれたての靴下」と書かれています。
糸にダメージを与えない製法で編み上がった靴下は、一枚ずつ水洗いし、自然乾燥された状態で仕上がっています。
その「生まれたて」の風合いを感じながら、毎日の生活のお供としていただければ幸いです。

Corto
Scarlet
深い赤色のショートソックス。
不均一に入った黒のボーダーラインがアクセント。
23-25cm/25-27cm
1300yen+tax

はじまりました!

Ponte de pie!

靴下の展示会
2017 Summer at send

始まりました!

快晴の暑い中、午前からお客様にご来店いただき嬉しい限りです。

ポンテさんの「想い」を乗せて、釧路までやって来た靴下たち。

夏にぴったりなショートソックスや新顔も初お目見えしていますので、

この機会をぜひお見逃しなく!

皆様のお越しをお待ちしております。