BLACK IMAGE

MAY.28-JUN.03
10:30-18:00
黒い布
黒い器
黒い木
黒い絵
など
様々なニュアンスの「黒」いものを集めた展示会です。

4月2日(月)、3日(火)とお休みさせていただきます。
4日(水)より通常営業いたします。
よろしくお願いいたします。

二階から撮る写真で、 自分たちのセレクトでも変わったもの、変わらないものが見えてきます。
また、新しい面白い展示会を画策中です。
このメインテーブルの板は4年前、amicafeからRHYTHMになり、雑貨部門が独立するとき、りえ店長のご主人の隆也さんが用意してくれました。
この建物ができて11年の時間の流れを感じながら、自分たちが良いと思えるものを新たに発信していけたらと思っています。

ありがとうございました。

古器展
一昨日、終了しました。
今回の展示会は自分にとって意義深いものでした。
骨董はいろいろありますが、何を選んでくるかはその人次第。
古いものへの向き合い方が、そのままその人となりを表象する鏡のような存在が、自分にとっての骨董です。
これからも心の琴線に触れるようなものを探していきたいと思います。
みなさま、誠にありがとうございました。

 

古器展

残すところあと3時間とちょい。
本日もたくさんの人にお越しいただき誠にありがとうございます。
明日13日(火)は展示入れ替えのためお休みとさせていただきます。

古器展

こんにちは。
もともと自分の過ぎた古物狂いが高じて実現した展示会ですので
初日からどうなるかと思っていましたが、たくさんの方々にご来場いただき本当に嬉しい限りです。ありがとうございます。

「破壊力のある植物を」とgreen life の花太郎さんにお願いして用意していただいた、石化した木と、名称は「ローズ」だけどアネモネ類の花を古信楽の壺に合わせました。
破壊力、いただきました。


もう一つは水仙のようなチューリップを球根のまま白磁のパッドに生けました

糸itoのケーキを販売します。

金曜日からはじまる古器展(9日ー12日)に併せて、
糸itoさんにお願いして作ってもらったケーキを 販売します!
11日(日)12日(月)の2日間限定!
黒豆米粉ショコラというケーキです。
いつも思うのですが、糸さんの焼菓子は和でもあり、洋でもあり
ひとくちに言えば、糸風としか形容のできない唯一無二の味なのです。
自分(髙比良)は鯉のように悪食なので、基本的に口に入るものなら何でも食べますが、糸の焼菓子と飲み物は味が凝縮してるように感じます。
あの味を出すまでの、坂見さん夫妻の血の滲むような努力は想像するしかありませんが、単純においしいと思えるだけでなく、同時に体が喜んでいるような不思議な経験を覚えるのです。
骨董という、日本独特の美術観と共に、味が詰まったケーキを楽しんでいただければ幸いです。

sender

今日から2月ですね。 もうすぐ古器展(2月9日−2月12日)がはじまります。

仕入れを任せている高比良の骨董熱がキてます。お楽しみに!

展示会前ですが、ディスプレイを変えました。

sendとして出発した時の心得は今も変わらず「毎日、毎日と、過ぎていく時間を通じて出会えたもの。長く、傍に置いて使っていけるような愛着の湧くものをお客様にお届けする」というものです。

0からものを生み出す作り手の信念をそのまま伝えることを念頭にディスプレイしています。

ネット環境も発達した今にあって、sendに目をかけてくださる皆様によい品物を届けたいと思います。

古器展

二月九日から二月十二日まで
こちらから→ https://www.instagram.com/sendkushiro/?hl=ja
展示会までまだ少し日にちはありますが、ボチボチご紹介していく予定です。

プレスガラス小皿 大正時代 最大径10.2cm
縁がほつれているものが多いですが、なるたけ傷気の少ないものをピックアップしてきました。
プレスですが、完全な大量生産ラインに乗る前の時代ならではの有機的な味があります。
黄味がかった半透明なガラス色、細かい気泡や筋が入っていたりと、剣先や中華風の意外に凝った柄も可愛く楽しめます。