“utsuwa” repair

sendでは器の修理を承ります。

(やちむん茶碗 割れの継ぎ 弁柄漆)

長年使ってきた愛着のある器や、お気に入りの器が割れてしまったり、欠けてしまったりするととても残念な気持ちになります。

これらの器は、漆で接着し、欠けを埋めるなどして修理すると再び使えるようになります。

(やちむん茶碗 内側は白漆)

ベンガラ中川

漆修理

(波佐見焼のどんぶりのカケを弁柄漆、ニュウに漆を染み込ませて直しています。)

(くらわんか皿 ニュウの金繕い)

%e9%87%91%e7%b9%95%e3%81%84

(信楽小鉢 ヒビとニュウの金繕い *蒔いた直後)

高麗青磁象嵌杯

(高麗青磁象嵌杯 カケとニュウの銀繕い)

漆直しによる金継ぎなどの技術は、室町時代のお茶 (茶の湯) の発祥時より400年以上もの間、受け継がれてきた日本固有の伝統的な修理法です。

漆には強力な接着力、耐酸・アルカリ、防腐防水、絶縁性、塩分やアルコールに浸食されないという特徴があり、漆直しはその強度を利用するものです。
ちなみに金継ぎは、漆で直しを施した上から金粉を蒔いて加飾する技法です。
器の漆修理には自然素材を使い、エポキシ・パテやボンド等は使用しません。

私はまだ駆け出しで時間がかかる場合もありますが、器そのものの良さを尊重し、生かす直しを心掛けます。

700yen~

*漆直しで修理された器は、基本的に漆器に準じる物ですので、電子レンジやオーブン、蒸し器での加熱や食洗機の使用、煮沸消毒はお控えください。