通算11回目の

十勝の木のうつわ展
18日(月曜日)から始まります!
今回、DM写真に使った椀は、私物として6年余り愛用しているものです。
厚みがあり、軽く、長い使用により木肌がすべすべ。
これからもまだまだ使えそうな、頼り甲斐のある強さ。
使う人それぞれの食卓で育つ「マイボウル」といえる存在です。

十勝の木のうつわ展

十勝の木のうつわ展示会の
お知らせです。
11月18日(月)から23日(土)まで
今回で11回目の展示会で1番古いお付き合いになります。
木のうつわに
触れると温もりと十勝の豊かな自然の中で育った包容力も感じます。フライヤーのボウルは
かなり初期の展示会の際に購入した私物のボウルです。

round

釧路市内の眼鏡屋 Lenteさんとsendが初タッグを組む一日限りのイベントです。
Lenteの眼鏡がsendにやってきます!
「round」という名の通り、藤井さんセレクトによる「丸い眼鏡」を販売いたします、今からワクワク。
sendは、初の取り扱いになるファブリックブランド「loomer」のウール・カシミヤ製ストールを販売いたします。
ゆったりとした午後3時スタートの、一回こっきりのイベントです。お楽しみに!
loomerについて
愛知県で伝統的な「毛織り」を受け継ぐTacca incと、南貴之さんがクリエイティブディレクターを務めるalpha co.,ltd との協業によって生まれた「織り」に重きをおいたファブリックブランド。

 

金継ぎ銀継ぎ

修繕跡をなるだけ見えなくする
西洋の器修理法と違って、
漆による「金継ぎ」法は、直した跡を隠すためのみではなく、
器に新たな付加価値を与えるものという側面があります。
付加とみるか、負荷とみるか。
むむ難しい課題ですね。

御礼

COAS Exhibition
23日に無事終了しました。
三日間の半分は曇ったり雨でしたが、真鍮アクセサリーの持つ柔らかな光が醸し出される天候で、作者の志田さんの気さくな物腰と相まって、三日限りの特別な空間をお客様にもお楽しみいただけたかと思います。
皆さま、誠にありがとうございました。
一昨日、昨日とかけて新しい常設ディスプレイにしました。

最終日

COAS
Brass Accessory Exhibition
雨でしっとりした天気ですが、柔かで静謐な光りを放つ真鍮アクセサリーには、お誂え向きな自然光かと。
本日もお待ちしております。

COAS Exhibition 初日

今日から3日間の開催です。
見とれて、朝からしばしボーっとしてしまいました。
作者の志田有央さんも全日在店されます!
ぜひ、この機会をお見逃しなく。
皆様のお越しをお待ちしております。

確実に秋が近づいてきてるけど
今日は真夏みたいですね。
ディスプレイ涼しげに見えるように
変えてみました。

満を持してのご紹介

満を持してのご紹介
中国茶壺と台湾茶葉の新たなお取り扱いが始まりました。
茶壺(中国茶の急須)は中国陶器の都、景徳鎮で作られています。
作者は壁シン、海霞の二人。ユニットで活動。
景徳鎮陶磁器大学院で中国茶器の伝統技法を研究し、
伝統を踏まえつつ、一点ずつ形の異なるオリジナル茶壺を制作。
台湾茶葉は、関東で活動されている喫茶 陽時計さんから。https://www.facebook.com/1255205867981860/posts/1299059543596492/
現地の茶畑へ直接赴き、自ら厳選した美味しい茶葉をセレクトされています。
人から人へとご縁が繋がり、この度のお取引になりました。
詳細はまた後ほど。